教員に向いている人と向いてない人の違いについて解説!

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/04

教員を目指しているという方や、教員になりたいなと感じている方、教員の仕事が気になるなと感じている方は、自分が教員に向いているかどうか知りたいと思われているのではないでしょうか。この記事では、教員に向いている人はどんな人なのか、向いていない人はどんな人なのかをお伝えします。

教員に向いている人の特徴

教員に向いている人はどのような人なのでしょうか。特徴をまとめておきます。

人に教えることが得意、好きという人

教員の仕事は、人に教えるということが多いです。そのため、何かを人に教えるのが得意、教えるのが好きだという場合は、教員に向いているといえます。教員と聞くと、勉強を教えるというイメージがあるかもしれませんが、教えることが好きであれば勉強だけに限らず教員に向いています

子どもと話すことが好きな人

教員の仕事は、子どもと接する機会がとても多いです。そして子どもから質問されることも多いですし、沢山コミュニケーションを取らなければいけません。子どもが好きで、子どもの話も聞ける人でなければ難しいでしょう。

教員は、小学校や中学校、高校、大学など働く場所が沢山ありますが、とくに小学校を選ぶ場合は、子ども好きのほうが務まりやすいです。

成長していく姿を応援したい、サポートしたい人

教員をしていてやりがいを感じる瞬間のひとつは、子どもたちの成長した姿を見ることです。そのため、子どもの成長をサポートしたいという気持ちや、成長していく姿を応援したいという気持ちがある人に向いています。

子どもの気持ちに寄り添うことができる人

子どもの気持ちに寄り添うことができないと教員の仕事は大変と感じてしまうでしょう。子どもが心を開いてくれないと、本音で話してくれません。寄り添うことができれば、子どもも心を開きやすくなります

子どもの様子をよく見て、ささいな変化も気がついて、なにかあったかな?と感じたら声をかけてあげるなど気遣いができる人は、教員に向いています。

教員になりたいという強い気持ちがある

教員に向いている人は、教員になりたいという強い気持ちを持っている人です。この気持ちがないと教員になってもモチベーションが維持できないということが起きてしまう可能性があります。

また、教員になって辛いことがあると辞めたいと思ってしまうかもしれません。教員として子どもの成長を見守りたいという強い思いがあれば、教員として活躍できるでしょう。

教員に向いてない人の特徴

教員に向いていない人というのは実はあまりいません。ただし、ひとつだけ挙げるとすると、教員になりたくない人は、教員に向いていません。なりたくないという時点で、教員に向いていないといえます。

教員免許をなんとなく持っていても、教員をやるのは嫌だと思っているなら教員の道に進んでもしんどくなってしまうでしょう。なぜなら、教員の仕事は楽なものではないからです。

授業時間以外にもやらなければいけない仕事は多く、残業になってしまうこともあります。保護者への対応も大変です。問題を起こす生徒もいるかもしれません。毎日いろいろなでき事が起こるのです。

自分が教員に向いてないと感じたら?

教員に向いている要素が自分に当てはまらなかった方は、教員に向いていないのでは?と感じているかもしれませんね。また、教員になったけれど、向いてないな…と感じてしまうことがあるかもしれません。そのような場合は、どうすればよいのでしょうか。

割り切る気持ちも大事

向いていないと思っても、仕事だからと割り切ってしまうのもひとつの方法です。一生懸命やり過ぎてしまうことで疲れてしまう先生もいるため、必ずやらなければいけないことと、少し後回しにし、力を抜いても大丈夫なところは分けましょう。心にゆとりが出ると、生徒との時間も楽しめるようになっていきます。

休暇を取る

大変だ、辛い、向いていない…と煮詰まってしまったなら、休暇を取るのもひとつの方法です。気持ちも身体も休めてあげることで、また頑張るエネルギーが出てくるかもしれません。

転職も考える

どうしても辛くてもう無理だという場合は、教員を辞めてほかの道を見つけるのもひとつの方法でしょう。教員としての経験を活かして、転職することは可能です。教員の道しかないと思う必要はありません。すぐに転職できない場合でも、転職活動をしてみることで、発見があるかもしれません。

転職支援サービスを利用すれば、市場価値を教えてくれ、向いている仕事を紹介してもらうこともできるでしょう。転職活動でうまくいけば、教員以外の道で新たなスタートも切れます。いつでも辞められるなと思えば、辛さが和らぐこともあるでしょう。

まとめ

教員に向いている人と向いていない人、自分が向いていないと感じたらしてみることをお伝えしました。教員の仕事は楽な仕事ではありません。しかし、沢山の子どもの成長を見守れるほかにはないやりがいがある仕事です。ご自身の適性も見極めて、教員になるかどうか決めましょう。教員はもういいかなと感じている方は、転職を検討する時期かもしれませんね。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

「転職理由」は、教員の採用面接で必ず聞かれる質問ですが、実は面接官への印象を左右する重要な質問なのです。転職理由の重要性を理解しないまま面接に臨んでしまうと、内定をもらうことができず、ふりだ
続きを読む
教員で転職する場合は、民間企業と異なることをまずは理解しておく必要があります。また、都道府県や学校の規則を確認しておくことで余計なトラブルが発生しません。退職のタイミングを決定して、そこから
続きを読む
現在教員として働いている方の中にも、転職を希望している方はたくさんいることでしょう。中には「何から始めればいいんだろう?」「どうしたら満足のいく転職ができるんだろう?」などの疑問を抱えている
続きを読む