教員が転職するまでの大まかな流れを予め知っておこう!

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/14

現在教員として働いている方の中にも、転職を希望している方はたくさんいることでしょう。中には「何から始めればいいんだろう?」「どうしたら満足のいく転職ができるんだろう?」などの疑問を抱えている方もいるかもしれません。今回はそんな方に向けて、教員が転職するまでの大まかな流れを解説していくので、ぜひ参考にもしてみてください。

教員が転職するまでの大まかな流れ

教員が転職活動をするなら、まずは転職サイトや転職エージェントへの登録を行いましょう。とくにおすすめとなるのは転職エージェントです。転職エージェントであれば、無料で求人の紹介やサポートなどを行ってもらうことができます。

スカウトサービスのある転職エージェントなら、企業から直接オファーがくることもあるでしょう。非公開求人なども紹介してもらえるので、活用することで納得のいく転職活動をすることに期待ができます。

そのようなサービスで働きたいと思える場所がみつけられたら、書類選考や面接の対策をしましょう。転職エージェントであれば、それらについてもお願いすることが可能です。中には採用面接のフィードバックをしてくれるところも存在するので、そのようなサービスを選べばより効率的な転職活動が望めそうですね。

転職が決まれば、退職のための手続きをしていきましょう。しっかりと管理職へ報告をし、書類などをもらって準備をしておくのです。円満に退職をするためにも、管理職への報告は早めに済ませるようにしてください。

後任を探したり引継ぎをしたりといった時間が必要になるので、ぎりぎりになってしまうと心証がよくありません。これが、教員が転職するまでの大まかな流れとなります。

因みに、教員が転職をするタイミングについては3月退職、4月入社がベストであるといわれています。年度が替わるため、引継ぎなどがスムーズに行えるからでしょう。転職をする場合には、それも加味してスケジュールを組む必要があります。

具体的には、12月か1月くらいのタイミングで書類選考、面接へと進めるといいでしょう。そうすれば2月、3月には内定が出て4月入社が叶うはずです。3月下旬の内定となると引継ぎなどで慌ててしまう可能性があるので、できるだけ余裕をもったスケジュールが立てられるといいですね。

もちろん、書類選考までに業界研究や企業研究などを済ませておかなければなりませんから、転職活動の開始時期自体はもっと早く設定しておく必要がありますよ。

教員の転職を成功させるためには?

次に、教員の転職を成功させるために必要なことについて、確認をしておくことにしましょう。

まず、しっかりと自己分析をしておくことは大切です。書類や面接でアピールできることがあれば、転職もうまくいく可能性が高くなります。ただでさえ教員はビジネス経験が乏しいことから転職が難しいといわれがちな職業ですから、アピールポイントはひとつでも多く洗い出しておくようにしましょう。

また、すでにやりたいことが決まっている場合には、スキルや資格を取得しておくことも有効です。必要なスキルを有していれば、即戦力としてとらえてもらえる可能性も高まります。資格などが必要な仕事に転職を叶えたいなら、勉強をするためにも早めに転職に向けて動き出さなければなりませんね。

もちろん、すでにもっている教員免許を活かせる場所を転職先に選ぶというのもいいでしょう。教員免許があることが強みとなる場所もさまざまに存在するためです。

たとえば、家庭教師や塾の講師などは、教員として積み上げてきたスキルを存分に発揮できるでしょう。そのほか、児童指導員や補助教員として働く選択肢もあります。

教育関係の事務職や営業職などでも、教員免許が有利に働くケースはあるということです。教育業界に特化した転職エージェントなどで活動をすれば、そのような求人にも出会いやすくなることが予想されますね。

教員が現在の職場を退職するまでにやるべきこと

最後に、教員が退職するまでにやっておかなければならないことについても解説をして参ります。まず、必ずやらなければならないのが仕事の引継ぎです。次の担当者が困ってしまうことのないよう、伝えておくべきことは伝えておきましょう。引き継ぐ相手が決まっていない場合も、パソコンやノートにまとめておくようにしてください。

それから、周囲の先生たちにお礼をすることも忘れてはいけません。とくに、転職活動のために休みを取ったりした場合にはお礼もしっかり伝えておきましょう。教員が転職をする際には、円満な退職に向けての行動も、充分に心がける必要があるということですね。

まとめ

教員が転職するまでの流れについて、つかむことができたのではないかと思います。よりいい環境に身を置きたいと考えている方は、ぜひ記事も参考にして、転職に向けて動き始めてみてください。

教育業界に特化した求人・転職サービスなどはたくさん用意されているため、必ずそれぞれの特徴を知り、比較検討を行いましょう。納得のいく就業のためにも、自分に合ったものを利用することは重要なので、忘れないようにしてくださいね。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

「転職理由」は、教員の採用面接で必ず聞かれる質問ですが、実は面接官への印象を左右する重要な質問なのです。転職理由の重要性を理解しないまま面接に臨んでしまうと、内定をもらうことができず、ふりだ
続きを読む
教員で転職する場合は、民間企業と異なることをまずは理解しておく必要があります。また、都道府県や学校の規則を確認しておくことで余計なトラブルが発生しません。退職のタイミングを決定して、そこから
続きを読む
現在教員として働いている方の中にも、転職を希望している方はたくさんいることでしょう。中には「何から始めればいいんだろう?」「どうしたら満足のいく転職ができるんだろう?」などの疑問を抱えている
続きを読む