教員の転職はいつ頃行うのがベスト?具体的なタイミングについて解説!

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/14

教員で転職する場合は、民間企業と異なることをまずは理解しておく必要があります。また、都道府県や学校の規則を確認しておくことで余計なトラブルが発生しません。退職のタイミングを決定して、そこから逆算して次の会社の内定をもらう、転職活動を始めるなど、スケジュールを組んでいきましょう。

教員の転職はいつ頃行うのがベスト?

教員の転職は、年度始めの4月が最適なタイミングです。教員の離任、着任、退職もあるので、体制を整備する時期でもあります。漠然と転職を考えているのではなく、転職を希望している場合は、若いほうが就職に有利なので、できるだけ早く行動しましょう。

年度始めの4月が最適

年度末の3月が1つの区切りになるので、年度始めの4月が教員の転職のタイミングとしては最適でしょう。次の会社に入社する場合は、4月1日または5月1日にするなど、できるだけ離職期間が長くならないようにすると、お金の面で困ることが少なくなります。職務経歴においても離職期間が短いほうがよいでしょう。

年度途中に退職するのはどうなのか

教員は年度途中で退職することも可能です。具体的なタイミングは夏休みに入る前や冬休みに入る前です。長期休暇前に体制を整備できるからです。

しかし、学校や自治体により制度が異なるので、確認しておくほうがよいでしょう。特別な理由がないかぎり、年度途中の退職を承認してもらえない学校の場合、次の会社に入社したくてもできないジレンマに苦しみます。

民間企業に転職を考えている教員は若いほうが有利

ポテンシャル採用や第二新卒採用を考えている場合、若いほうが有利です。年齢を重ねると年齢に見合った成果を求められます。成果が年齢と収入に見合っていない場合は就職が難しくなります。

とくにベンチャー企業やスタートアップ企業に就職を考えている場合、30代前半までの人材しか採用しないことが多いです。そのため、民間企業で活躍したいと考えているのであれば、若くて体力的にも余裕があるうちに転職しましょう。

退職を伝えるタイミング

教員は、民間企業で退職を伝える場合とは異なります。できるだけ早く管理職に伝えましょう。

できれば12月中に管理職に伝える

管理職にはできるだけ早く伝えるようにしましょう。管理職と定期的に個別面談をしている学校であれば、転職を希望していることや転職活動を開始しようと考えていることなどを話しておくとスムーズです。

12月中に管理職に伝えておくことで、申し送り、業務負担の軽減、有給休暇の取得などがスムーズにできます。有給休暇は権利なので、未消化にならないようにしたいものです。

遅くとも1か月前に管理職に伝える

退職の1か月前に管理職に伝えると遅いといわれる場合がありますが、これ以上遅くならないようにしっかり伝えるようにしましょう。

教員の場合は、民間企業と異なり公務員なので退職をあまり想定していません。退職率が高い民間企業の場合はスムーズに退職手続きが行われますが、教員の場合は1日でも早いほうが迷惑をかけません。

明確な規定は都道府県や私立学校により異なる

できれば12月中に、遅くとも1か月前に退職を伝えるのは一般論です。都道府県や私立学校により明確な規定は異なるので、1日も早いタイミングで伝えたほうがよいです。

管理職に直接伝えにくい場合は、信頼している同僚に相談してみるとよいでしょう。しかし、1人に相談すると瞬く間に噂が広がる可能性があります。同僚のみ噂が広まるのはよいですが、児童や生徒に噂が広まると職場に通うのがますます辛くなります。相談する人は慎重に選びましょう。

教員が転職時に気を付けるべきポイント

スムーズに退職手続きができないとストレスと焦りが生まれます。ポイントを押さえつつ上手に退職しましょう。

退職理由を明確にする

教員を辞めて何がしたいのかを、管理職に明確に伝えられるようにしましょう。部活動の指導時間が長くて大変だから、モンスターペアレントの対応で疲弊したからというのは退職理由になりません。

あくまで退職を考えたきっかけに過ぎないので、部活動の指導時間を短くしたり、モンスターペアレントの応対方法などの指導をしたりすれば、教員は辞めなくて済むと管理職は判断してしまうからです。教員を辞めてでもやりたいことがあることを伝えましょう。

転職のプロに相談する

転職のプロである転職エージェントに相談するとよいでしょう。自分だけで考えていても、自分に合う職種、勤務地、業界などが分からないことがあります。

民間企業から民間企業に転職する人とは異なり、教員はビジネス経験がないので、ビジネス未経験の社会人に向けたサービスを展開している転職エージェントを選択するようにしましょう。

退職を伝える前に転職活動する

次の会社から内定をもらったタイミングで退職を伝えられるのがベストです。教員を退職しても次の就職先が決まっているので生活に困りません。また、学校側も引き留めができなくなるので退職を認めざるを得ません。内定をもらえていない状態で退職を伝えるのは、できれば避けるようにしましょう。

まとめ

教員を退職するには明確な理由が必要です。中途半端な理由や、職務に対する不満が理由であれば、管理職に慰留される可能性があります。また、年齢的にも若いほうが転職先を多く選べるので、できるだけ若いうちに転職を成功させましょう。転職エージェントを活用したり、教員から民間企業に転職した人の話を参考にしてみたりするとよいです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

「転職理由」は、教員の採用面接で必ず聞かれる質問ですが、実は面接官への印象を左右する重要な質問なのです。転職理由の重要性を理解しないまま面接に臨んでしまうと、内定をもらうことができず、ふりだ
続きを読む
教員で転職する場合は、民間企業と異なることをまずは理解しておく必要があります。また、都道府県や学校の規則を確認しておくことで余計なトラブルが発生しません。退職のタイミングを決定して、そこから
続きを読む
現在教員として働いている方の中にも、転職を希望している方はたくさんいることでしょう。中には「何から始めればいいんだろう?」「どうしたら満足のいく転職ができるんだろう?」などの疑問を抱えている
続きを読む