学校で働くの口コミや評判

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/09/09

学校で働くの画像

学校で働く(ホレック株式会社)
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-11-3 平田ビル2F
TEL:03-5937-1835

教員になりたい人に、学校で働くはおすすめのサービスです。教員になりたいけれど、独学で教員採用試験に合格するのが難しいと考えている人や、大学4年生の教育実習が最後の模擬授業になってしまった人におすすめです。学校で働くでは、担当ディレクターが採用まで手厚くサポートしてくれます。その特徴を紹介します。

学校関連の非公開求人を多数保有

学校で働くでは、学校の公開求人のみならず非公開求人も多数保有しています。また、担当ディレクターが個別サポートしてくれるので、モチベーションを維持しながら採用まで頑張れます。

自分が知らない学校法人や学校公募の募集情報がある

学校の公開求人だけではなく非公開求人も多数保有しているのが、学校で働くです。非常勤講師、常勤講師、専任講師、大学事務などがあります。人気がある仕事はすぐに採用が決まってしまうことがあるので、自分が応募したい仕事があれば早めに応募するようにしましょう。

試験対策情報が入手できる

教員採用試験にも役立つ教養や論文対策をはじめ、時事問題や過去問題なども豊富に取り揃えています。試験の傾向や対策の情報量が豊富なので、独学で教員採用試験の合格を目指す人よりも安心して対策に打ち込めます。教員採用試験に合格するための予備校のような存在でしょう。

個別サポートが充実している

1人ずつ担当ディレクターがサポートするので、小さな悩み事も相談に乗ってくれます。インターネットや書籍で調べてみても解決できなかったことがあれば、担当ディレクターを頼ってみてください。

担当ディレクターが個別で転職活動をサポート

学校で働くでは、手厚いサポートが受けられます。個別サポートは大きく分けて3つです。1つずつ内容を紹介します。

個別での教員採用試験対策プログラム

応募したい学校に応募するまでの準備を学校で働くがサポートします。具体的には、履歴書の書き方、筆記試験対策、自己推薦書の添削、教員としての心得などです。

採用面接に進むためには書類選考を通過しなければいけません。1つ1つの準備を疎かにすることなく、確実にこなしていきましょう。

個別の授業スキルアッププログラム

応募したい学校で、担当する生徒はどのような生徒なのかを、具体的にイメージすることから始めます。その後、課題選定と教案の作成、模擬授業、アドバイスを反復します。

私立学校の場合、学校の教育理念によって授業スタイルが変更されるので、そのことも踏まえつつ模擬授業のレベルを高めていきます。

個別ニーズに合わせた情報提供プログラム

専門コンサルタントが個別の質問に答えます。たとえば、応募したい学校と自分の能力や特性が合っているのかどうか、採用活動中にしておいたほうがよいことなどです。

学校で働くのサービス利用の流れ

初めてサービスを利用する人でも、安心して利用できるのが学校で働くです。説明会の後から個別面談が始まります。採用後も担当ディレクターがサポートしてくれるので安心してください。

説明会および登録

学校で働くの説明会では、学校業界の概要や最新の採用情報などを伝えします。学校の教員採用計画に基づいて教員が採用されるので、自分が希望する条件と合致しているのかを確認できます。

また、学校で働くのサービス内容とこれまでの成果も説明します。そして説明会の後に個別面談を行います。希望や疑問点などを担当ディレクターに話すことで、自分の気持ちの整理や疑問点の解消に役立ちます。

担当ディレクターに壁打ち相手になってもらうだけで、学校で働くのサービスを受けてみることに前向きになるでしょう。

個別フォロー

学校で働くでは、さまざまな個別フォローを行っているので、自分に合ったプログラムを選択できます。たとえば、面接対策、自己推薦書の添削、模擬授業対策などです。模擬授業は大学4年生の教育実習以来という人もいるでしょう。

また、教育指導要領も毎年見直しされているので、変更が加えられている場合もあります。学校で働くでは、苦手な分野は克服するために個別フォローを行い、得意な分野はさらに伸ばせるように個別フォローします。

仕事の紹介および面談

学校で働くでは、個別面談の情報をもとに具体的に仕事を紹介します。学校のホームページや求人情報には掲載されていない情報も伝えます。

たとえば、校風や職場環境などです。直接自分で学校に質問しにくい内容があれば、担当ディレクターが代わりに学校に質問できます。疑問点を解消することで、需要と供給のミスマッチを防げます。

勤務開始

勤務開始直後は、慣れない環境で気が張っているので、少しずつ慣れるようにしましょう。勤務開始後も学校で働くでは、引き続き担当ディレクターがサポートします。

具体的には、職場で相談しにくい内容や悩み相談などです。勤務開始直後は、ストレスと疲労がピークになりやすいので、早期離職を防ぐためにも担当ディレクターに包み隠さず話しましょう。

まとめ

教員採用に特化したサービスを展開しているのが、学校で働くです。教員になる夢を諦めたくない人から選ばれています。1人で頑張るには、努力の方向性と正しい努力が必要です。やみくもに頑張ってもチャンスを活かせない可能性があります。担当ディレクターによるサポートを受けながら、応募したい学校で採用されるように挑戦してみましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

「転職理由」は、教員の採用面接で必ず聞かれる質問ですが、実は面接官への印象を左右する重要な質問なのです。転職理由の重要性を理解しないまま面接に臨んでしまうと、内定をもらうことができず、ふりだ
続きを読む
教員で転職する場合は、民間企業と異なることをまずは理解しておく必要があります。また、都道府県や学校の規則を確認しておくことで余計なトラブルが発生しません。退職のタイミングを決定して、そこから
続きを読む
現在教員として働いている方の中にも、転職を希望している方はたくさんいることでしょう。中には「何から始めればいいんだろう?」「どうしたら満足のいく転職ができるんだろう?」などの疑問を抱えている
続きを読む